「ガレ、ドームとヨーロッパ・アンティーク展」神戸阪急

ドーム「スミレ文扁壺」 (径16.0×高さ18.0cm)

名称:「ガレ、ドームとヨーロッパ・アンティーク展」神戸阪急
会期:2022年2月23日(水・祝)~3月1日(火)※催し最終日は午後4時終了
会場:神戸阪急 新館7階 美術画廊
住所:〒651-8511 神戸市中央区小野柄通8丁目1番8号
TEL:078-221-4181(代表)
URL:神戸阪急

ドーム「スミレ文扁壺」 (径16.0×高さ18.0cm)
ドーム「スミレ文扁壺」 (径16.0×高さ18.0cm)

19世紀末から20世紀初頭にかけてのアール・ヌーボー期に注目を浴びた、ガラス工芸の第一人者、エミール・ガレと、その影響を受け、多くのガラス作品を残したドーム兄弟の作品を中心にコレクション。色ガラスを重ねることによりジャポニスムの象徴である菊を立体的に表現したガレの花瓶や、エッチングでスミレを浅浮き彫りにしたドーム兄弟の壺など、華麗で気品あふれるさまざまなアンティーク作品をご覧いただきます。
出品
エミール・ガレ、ドーム兄弟、マイセン、ラリック ほか
※出品は変更になる場合がございます。

ガレ「菊文花瓶」 (幅11.0×奥行9.0×高さ34.0cm)
ガレ「菊文花瓶」 (幅11.0×奥行9.0×高さ34.0cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る