「生誕120年記念 小松益喜の作品で神戸散歩」神戸ゆかりの美術館

「生誕120年記念 小松益喜の作品で神戸散歩」神戸ゆかりの美術館

名称:「生誕120年記念 小松益喜の作品で神戸散歩」神戸ゆかりの美術館
会期:2024年4月20日(土)〜2024年6月16日(日)
会場:神戸ゆかりの美術館
開館時間:10:00 〜 17:00
休館日:月曜日
   4月29日、5月6日は開館
   4月30日、5月7日は休館
入場料:一般 200円、大学生・65歳以上 100円、高校生以下 無料
住所:〒658-0032兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL:078-858-1520
URL:神戸ゆかりの美術館

「生誕120年記念 小松益喜の作品で神戸散歩」神戸ゆかりの美術館
「生誕120年記念 小松益喜の作品で神戸散歩」神戸ゆかりの美術館

小松益喜(1904-2002)は高知市に生まれ、東京美術学校で学びました。同校卒業後、郷里の高知に戻りますが、再び上京を考え、その途上に神戸に立ち寄ります。そこで目にした、洋風建築のある異国情緒ゆたかな景観に強く魅了された小松は、そのまま神戸に住み制作を続けることになりました。街なかでイーゼルを立てて制作している時に声をかける人もあり、小松は気さくに応じていたといいます。本展は、神戸の人びとに親しまれた小松益喜の生誕120年を記念して開催します。小松作品で神戸とヨーロッパの街を散歩していただく気分を味わっていただき、神戸の風景が描かれた時代から様子が変化している一方、ヨーロッパの街は今でも同じ建物、ほとんど変わらない風景が楽しめることなど、さまざまにお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る