「夢うつつの世界へ近代チェコ文学に描かれる〈日本〉」チェコセンター東京

「夢うつつの世界へ近代チェコ文学に描かれる〈日本〉」チェコセンター東京

名称:「夢うつつの世界へ近代チェコ文学に描かれる〈日本〉」チェコセンター東京
会期:2022年1月21日(金)〜3月21日(月)
開館時間:9:30~20:30
料金:無料
休館日:2月17日(木)〜19日(土)AM、25日(金)、26日(土)AM、27日(日)、28日(月)、3月17日(木)
住所:〒150-0012東京都渋谷区広尾2 -16-14(チェコ共和国大使館内)
TEL:03-3400-8129
URL:チェコセンター東京

Sína Drahorádová-Lvová - Kawoyo
Sína Drahorádová-Lvová – Kawoyo

19世紀の終わりと20世紀前半のチェコでは、日本旅行記や日本文化を扱うさまざまな著書ばかりではなく、〈日本〉を舞台にした小説も驚くほどたくさん出版されています。本展では、近代チェコ文学の一特色をなす〈ジャポニズム文学〉の代表的作家やその作品を紹介しながら、日本と日本文化に触発された文学ジャンルの歴史とその魅力を照らし出します。また、会期中には関連シンポジウムがオンラインで開催予定です。

Archibald Václav Novák - Povídky o gejšách
Archibald Václav Novák – Povídky o gejšách
Jan Havlasa - Okna do mlhy
Jan Havlasa – Okna do mlhy
Jan Havlasa - Přízraky a zázraky
Jan Havlasa – Přízraky a zázraky
Joe Hloucha - Sakura ve vichřici
Joe Hloucha – Sakura ve vichřici

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る