「野を生きた書人 宮崎重美展」南砺市立福光美術館

「野を生きた書人 宮崎重美展」南砺市立福光美術館

名称:「野を生きた書人 宮崎重美展」南砺市立福光美術館
会期:令和4年3月12日(土)~4月10日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日:火曜日
観覧料:一般500円 / 高大生210円 / 中学生以下無料
住所:〒939-1626富山県南砺市法林寺2010
TEL:0763-52-7576
URL:南砺市立福光美術館

富山県東砺波郡平村(現南砺市平地域)に生まれた宮崎重美は、戦後の富山の書道界を牽引しながらも、会派に属さず独自の美学を追求した。初期から晩年までの代表作を展覧会出品作を中心に一挙に紹介する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る