篁牛人記念美術館 館蔵品展126「画風の変遷」富山市民俗民芸村

篁牛人記念美術館 館蔵品展126「画風の変遷」富山市民俗民芸村

名称:篁牛人記念美術館 館蔵品展126「画風の変遷」富山市民俗民芸村
会期:令和4年6月1日(水)~10月2日(日)
入館料:大人100円
    高校生以下無料
開館時間:9時~17時
   (入館は16時30分まで)
住所:〒930-0881富山県富山市安養坊1118-1
TEL:076-433-8270
URL:富山市民俗民芸村

水墨画家篁牛人(1901~1984)の作品は、時代によって顕著な作風の変化がみてとれます。昭和20年代の渇筆画から感じられる不思議な緊張感。昭和30年代の彩色画からユーモアたっぷりの速描きの動物や人物。昭和40年代のダイナミックな渇筆画と豪華な金泥を使用した彩色画等があります。
 本展では、各時代の代表的な作品を中心に約40点を展示し、牛人の画業の変遷を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る