「四季の使者 画家をとらえた草花たち」三宅美術館

「四季の使者 画家をとらえた草花たち」三宅美術館

名称:「四季の使者 画家をとらえた草花たち」三宅美術館
会期:2022年3月28日(月)〜7月10日(日)
開館時間:午前10時~午後4時30分
料金:一般500円、高校生300円、小・中学生200円、70歳以上100円
休館日:毎週水曜日
会場:三宅美術館
住所:〒891-0141鹿児島県鹿児島市谷山中央1-4319-4
TEL:099-266-0066
URL:三宅美術館

 花々の澄みきった色彩、人間の手では生み出すことのできない美しい造形、忘れ得ぬ芳香、そして限られた命のなか精一杯咲く様子は、太古より多くの芸術家の心をとらえてきました。その結果植物にインスピレーションを受けた美しい文様や、植物を描いた多くの名画が生み出されてきました。
 当館の所蔵対象である鹿児島ゆかりの画家たちも、身の回りの花々を描いた作品を数多く残しています。制作から数十年が経過してなお、花の生命は今でもカンヴァス上で輝き続け、また制作中の温かな雰囲気を伝えているようです。
 植物を描いた芸術作品の良さを堪能し、また作品に反映された画家それぞれの美意識に着目していただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「昆虫画家 稲田務の世界」本間美術館
  2. 「古代エジプト美術館展」福井県立美術館
  3. 現代陶芸の「すがた」と「はだ」佐野市立吉澤記念美術館
ページ上部へ戻る