第85回企画展「マンガ連載開始70周年 ぜ~んぶ鉄腕アトム展」 宝塚市立手塚治虫記念館

第85回企画展「マンガ連載開始70周年 ぜ~んぶ鉄腕アトム展」 宝塚市立手塚治虫記念館

名称:第85回企画展「マンガ連載開始70周年 ぜ~んぶ鉄腕アトム展」 宝塚市立手塚治虫記念館
会期:2022年3月5日(土)〜6月27日(月)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
料金:大人700円、中高生300円、小学生100円
休館日:水曜日(3/23、3/30、4/6、5/4は開館)
住所:〒665-0844兵庫県宝塚市武庫川町7-65
TEL:0797-81-2970
URL:宝塚市立手塚治虫記念館

1952年4月号から『少年』誌上でひとつのマンガ連載が始まりました。ロボット少年が未来の東京を舞台に活躍する物語。その作品タイトルは「鉄腕アトム」。
連載が始まるやいなや、大人気となったこの作品は、日本のマンガ史に様々な足跡を残しました。連載が終了したのも掲載誌が休刊となったためで、物語が終了したわけではありませんでした。
さて、主人公のアトムですが、18年に渡る連載の中で、少しずつ変化していたのをご存じでしょうか?これは手塚本人も「わざとかえています」と明言しています。そこで今回の企画展では連載18年間のアトムを年表風に並べてみました。
スタイル・表情ともに全然違うコもいますが、ぜ~んぶアトムです。あなたにはどの年代のアトムがお馴染みでしょうか?
またどのエピソードがお好きでしょうか?
以前、熱狂的に愛読された方も、キャラクターは知っているけど読んだことないなぁ・・・という方も、これを機にぜひ「鉄腕アトム」を読んでみてください。きっと知らなかった一面と出会えると思います。その時に思い出してください。この作品70年前に描かれたんですよ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る