「おおしまたくろう楽器展#2 滑琴の耳奏耳(みみそうじ)」パララックスレコード

「おおしまたくろう楽器展#2 滑琴の耳奏耳(みみそうじ)」パララックスレコード

名称:「おおしまたくろう楽器展#2 滑琴の耳奏耳(みみそうじ)」パララックスレコード
会期:2022/03/25(金) 〜 2022/04/03(日)
会場:パララックスレコード
時間:13:00~19:00
休館日:月~水曜日
料金:無料      
住所:〒604-8035 京都市中京区桜之町407-1 新京極詩の小路ビル2F
URL:パララックスレコード

身近なものを楽器に改造して活動する音楽家・おおしまたくろうによる新作楽器展第2弾。今回は、スケートボードとエレキギターを合体させた創作楽器「滑琴(かっきん)」の4号機と、背負子型ギターアンプ「響筐(きょうきょう)」。さらに作家自身の耳を3Dスキャンして制作した巨大な耳型マイク装置「疑似耳(ぎじじ)」を展示します。
おおしまたくろう
サウンドマン。
身近な道具や出来事を素材にした自作楽器の制作と、それらを組み合わせた少し不思議なパフォーマンスを行う。音楽や楽器の名を借りた遊びやユーモアによって人々をマッサージすることを目指す。
近作に、車のウィンカーのタイミングのズレを利用したグルーヴマシーン「NB-606」、魂柱を失ったバイオリンを昆虫として蘇らせる「Violinsect」。音の実験ワークショップ「SOUNDやろうぜ」主宰。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る