所蔵作品展「MOMATコレクション」東京国立近代美術館

所蔵作品展「MOMATコレクション」東京国立近代美術館

名称:所蔵作品展「MOMATコレクション」東京国立近代美術館
会期:2022年3月18日(金)〜5月8日(日)
会場:東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー 4階〜2階
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間:10:00〜17:00(金・土曜日は10:00〜20:00)
  ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(3月21日(月・祝)・28日(月)、5月2日(月)は開館)、3月22日(火)
観覧料:一般 500円(400円)、大学生 250円(200円)
  ※( )内は20名以上の団体料金
  ※金・土曜日の17:00以降は割引料金:一般 300円、大学生 150円
  ※高校生以下および18歳未満、65歳以上は無料
  ※障害者手帳の提示者とその付添者(1名)は無料
住所:〒102-8322東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL:東京国立近代美術館

黒田清輝 《落葉》1891年
黒田清輝 《落葉》1891年

MOMATコレクションにようこそ!今年も、千鳥ヶ淵の桜が美しい季節を迎えます。これにあわせて、3階10室では重要文化財の川合玉堂《行く春》をはじめ、桜を描いた名作が、みなさんをお迎えします。
 そのほか、3階7室と8室では、「白い漫画、黒い漫画」と題して、1950年代から60年代にかけての絵画と漫画との関係に焦点をあてます。ときに社会を風刺し、ときに大衆文化を表すために、画家たちがみせた漫画へのさまざまなアプローチをご紹介します。
 2階のギャラリー4では、コレクションによる小企画「新収蔵&特別公開|ピエール・ボナール《プロヴァンス風景》」を開催します。当館では昨年、ボナールの《プロヴァンス風景》(1932年)を新たに収蔵しました。輝かしい色彩に満ちたこの作品を日本で初めて公開するとともに、ボナールと日本の近現代美術との関係をいくつかの切り口から紹介します。
 今期も盛りだくさんのMOMATコレクション。どうぞごゆっくりお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る