特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」神奈川県立歴史博物館

特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」神奈川県立歴史博物館

名称:特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」神奈川県立歴史博物館
会期:2022年4月29日(金・祝)~6月26日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
料金:一般700円(600円)、20歳未満・学生500円(400円)、65歳以上200円(150円)、高校生100円(100円)
   ※中学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は無料、( )内は20名以上の団体料金
   ※神奈川県立の博物館等の有料観覧券の半券提出による割引制度あり
会場:神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室・コレクション展示室
主催:神奈川県立歴史博物館
特別協力:赤星直忠博士文化財資料館
住所:〒231-0006神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL:045-201-0926
URL:神奈川県立歴史博物館

特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」神奈川県立歴史博物館
特別展「洞窟遺跡を掘る -海蝕洞窟の考古学-」神奈川県立歴史博物館

ここは三浦半島の南端-
青い海と空、海岸に面した崖には生い茂る緑。その崖を少し見上げると、ところどころに大小の穴が見つかります。長い時間をかけて波に削られ形づくられた自然の洞窟-海蝕洞窟(かいしょくどうくつ)-です。三浦半島の海蝕洞窟には、過去の人々の痕跡が残る場所が多くあります。いつ、どんな人たちに、どのように利用されたのでしょうか。
これまでの発掘調査により、海蝕洞窟遺跡からは主に弥生時代から古墳時代の遺物-特に釣針やアワビ貝殻製の道具、サメの歯の加工品といった海に関わる資料-が多く出土することが分かってきました。最近の研究では、その背後には巧みな航海技術で伊豆諸島へ渡ったり、内陸にも広がる交易ネットワークに深く関わった人々の姿が描かれつつあります。
本展では、当館が半世紀前に発掘した間口洞窟遺跡をはじめとする三浦半島の洞窟遺跡や周辺の遺跡から出土した資料を通して、そこに生きた人々の姿をご紹介するとともに、それを研究する考古学の魅力もお伝えいたします。
さぁ、あなたも洞窟遺跡の考古学の世界へ!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る