「井上雅之展 – 多摩美術大学退職記念 – 」ギャルリー東京ユマニテ

井上雅之「H-221」2022 陶 267x168x197(h)cm

名称:「井上雅之展 – 多摩美術大学退職記念 – 」ギャルリー東京ユマニテ
会期:2022年4月4日(月)~2022年4月23日(土)
開館時間:10:30 〜 18:30
休館日:日曜、祝日
入場料:無料
会場:ギャルリー東京ユマニテ
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
TEL:03-3562-1305
URL:ギャルリー東京ユマニテ

井上雅之「H-221」2022 陶 267x168x197(h)cm
井上雅之「H-221」2022 陶 267x168x197(h)cm

ギャルリー東京ユマニテは「井上雅之展-多摩美術大学退職記念-」を開催いたします。井上は1957年神戸市生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程を修了後、’80年代から陶を素材に立体作品の制作を試み、国内外の展覧会で発表。多くの美術館などに作品がコレクションされています。また、2017年には「第24回日本陶芸展」で大賞受賞するなど現在も精力的に発表を続けています。
土を捏ね焼しめて生成される陶は古来から用の美の器として使われてきましたが、井上はその身近な素材でいくつものパーツを組み上げ構成し、大規模なかたちを作り上げるという新たな手法で日本を代表する作家の一人として活躍。陶という自然の力と自身の身体をとおして生成される強固な素材で様々なかたちを立ち上げようとしています。また、井上は制作の傍ら、母校である多摩美術大学工芸科で1998年から教鞭をとってきましたが、来春をもって退職となり、今回は退職記念の展示となります。3年振りの新作展となる本展は、今にも動き出しそうな生き物を彷彿とさせる2mもの巨大な作品を中心に小品なども含めて発表します。
さらに、6月には茨城県陶芸美術館にて学生時代に制作した初期作品から最新作まで約65点による回顧展も開催されます。併せて是非ご高覧下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る