「茶の湯銘品展」西武池袋本店

十代 大樋長左衛門作 黒茶碗 銘「尾上」 坐忘斎宗匠箱 サイズ:幅12.6×高さ7.8cm 価格:990,000円 十代 大樋長左衛門は、2011年文化勲章を受章している現代の名工です。2016年に十一代が長左衛門を襲名。十代は現在、大樋陶冶斎(おおひとうやさい)を名乗られております。格の高い黒茶碗に幕釉がとても美しく彩られています。当代裏千家家元の箱書付きです。

名称:「茶の湯銘品展」西武池袋本店
会期:2022年4月6日(水)~12日(火)
会場:6階(中央B8)=西武アート・フォーラム
  ※最終日4月12日(火)は、当会場のみ午後4時にて閉場いたします。
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目28−1
TEL:03-3981-0111(代表)
URL:西武池袋本店

十代 大樋長左衛門作 黒茶碗 銘「尾上」 坐忘斎宗匠箱 サイズ:幅12.6×高さ7.8cm 価格:990,000円 十代 大樋長左衛門は、2011年文化勲章を受章している現代の名工です。2016年に十一代が長左衛門を襲名。十代は現在、大樋陶冶斎(おおひとうやさい)を名乗られております。格の高い黒茶碗に幕釉がとても美しく彩られています。当代裏千家家元の箱書付きです。
十代 大樋長左衛門作 黒茶碗 銘「尾上」 坐忘斎宗匠箱
サイズ:幅12.6×高さ7.8cm
十代 大樋長左衛門は、2011年文化勲章を受章している現代の名工です。2016年に十一代が長左衛門を襲名。十代は現在、大樋陶冶斎(おおひとうやさい)を名乗られております。格の高い黒茶碗に幕釉がとても美しく彩られています。当代裏千家家元の箱書付きです。
奥野美峰作 唐松蒔絵大棗 猶有斎御家元箱 サイズ:幅7.5×高さ7.5cm 価格:770,000円  現代の輪島塗の作家です。唐松は放射状の松葉を上から見た様子をデザイン化したもの。季節を問わず、取り合わせのしやすい意匠となっております。当代表千家家元の箱書付きです。
奥野美峰作 唐松蒔絵大棗 猶有斎御家元箱
サイズ:幅7.5×高さ7.5cm
現代の輪島塗の作家です。唐松は放射状の松葉を上から見た様子をデザイン化したもの。季節を問わず、取り合わせのしやすい意匠となっております。当代表千家家元の箱書付きです。
天倫宗忽 一行軸「不老水」 玄室大宗匠箱 サイズ:幅30.5×高さ186cm 価格:2,200,000円  天倫宗忽(てんりんそうこつ 1627~1697年)は大徳寺第218世の禅僧。清巌宗渭に師事しました。「不老水」とは服せば年老いることのない霊水のこと。茶の席では差し出す人とこれを受け取る人の心によってそれは不老水となります。裏千家鵬雲斎玄室大宗匠の箱書付きです。
天倫宗忽 一行軸「不老水」 玄室大宗匠箱
サイズ:幅30.5×高さ186cm
天倫宗忽(てんりんそうこつ 1627~1697年)は大徳寺第218世の禅僧。清巌宗渭に師事しました。「不老水」とは服せば年老いることのない霊水のこと。茶の席では差し出す人とこれを受け取る人の心によってそれは不老水となります。裏千家鵬雲斎玄室大宗匠の箱書付きです。

全国各地の産地や作家たちによって制作された逸品を一堂にご紹介いたします。雅やかな茶碗や水指、香合など、茶の湯道具の数々をお楽しみください。 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る