「―絵と映像とエッセイで綴る―齋正機展2022「福島今昔物語」とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)

「―絵と映像とエッセイで綴る―齋正機展2022「福島今昔物語」とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)

名称:「―絵と映像とエッセイで綴る―齋正機展2022「福島今昔物語」とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)
会期:2022年4月2日(土)~5月8日(日)
料金:(前売)一般・大学生1,000円、中学・高校生500円
  (当日)一般・大学生1,200円、中学・高校生600円、小学生以下無料
時間:10:00~17:00
休日:4/11・25
主催:福島民報社、福島テレビ、ラジオ福島
共催:公益財団法人福島県文化振興財団
住所:〒960-8116 福島県福島市春日町5-54
TEL:024-534-9191
URL:とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)

「―絵と映像とエッセイで綴る―齋正機展2022「福島今昔物語」とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)
「―絵と映像とエッセイで綴る―齋正機展2022「福島今昔物語」とうほう・みんなの文化センター(福島文化センター)

福島の風景を中心に鉄道・花・人物などを描き、新日本画としての世界を広げている福島市出身の日本画家・齋正機氏の作品展を開催。郷土“ふくしま”への想いがあふれる珠玉の作品およそ90 点を展示する
福島民報で2018 年11月から連載中の自伝的エッセイ「福島鉄道物語」に、福島市内の5つの高校の生徒がナレーション
を付けた映像や、年々評価が高まる文筆に関わる仕事など、様々な角度から齋氏の魅力に迫る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る