白川昌生 「エネアデスのほうへ」rin art association

白川昌生「存在の階層」2022 合板、木、ボール 104×291×130 cm

名称:白川昌生 「エネアデスのほうへ」rin art association
会期:2022年4月3日(日)~2022年6月5日(日)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:月曜、火曜
入場料:無料
会場:rin art association
住所:〒370-0044 群馬県高崎市岩押町5-24 マクロビル
TEL:027-387-0195
URL:rin art association

白川昌生「存在の階層」2022 合板、木、ボール 104×291×130 cm
白川昌生「存在の階層」2022 合板、木、ボール 104×291×130 cm

この度 rin art associationでは白川昌生「エネアデスのほうへ」を開催いたします。白川は1970年代にフランスおよびドイツで哲学と美術を学び、1983年に帰国。以来、群馬を拠点に、地方性、周縁性、マイナー性をあえて徹底的に引き受けながら、地域の歴史・文化・経済と直結する活動を続けています。また現代美術史に関する研究・著作も多く、優勢な歴史観や規範に対する批判・再検討を絶えず展開しています。今展では日常的な素材を多く用いつつも、かたちと色の構成配置において軽やかかつ精確であり、彫刻の魅力や可能性を開き、問い続ける新作の作品群を発表いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る