「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館

「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館

名称:「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館
会期:2022年4月29日(金)~2022年7月24日(日)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合開館、翌平日休館)
時間:10:00~17:00(入館は16:00まで)
会場:横山美術館
料金:一般 1000円、高・大学生・シニア 800円、中学生 600円
   無料:小学生以下
   前売り券:CNプレイガイド、チケットぴあ、名古屋市文化振興事業団にて一般 各800円
後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会、あま市
協力:あま市七宝焼アートヴィレッジ
住所:〒4610004 愛知県名古屋市東区葵一丁目1番21号
TEL:052-931-0006
URL:横山美術館

明治時代に進められた殖産興業政策の下、数多くの美術工芸品がつくられ、それらの輸出で獲得された外貨は近代国家建設の礎となりました。その一つである七宝焼も、かつて海を渡ったものが少しずつ里帰りすることで、技と美が再発見されつつあります。
 国内では近年、東京の涛川惣助、京都の並河靖之のようにブランドとして銘を入れた作品は、注目されるようになってきました。しかし、名古屋や現・あま市でつくられた尾張七宝は「銘を入れなくても作品の出来栄えを見れば、誰がつくったかは明らかに判る」との考えが強く、職人たちの間に記銘する習慣が浸透しませんでした。日本では東西の「両ナミカワ」に比べると、無銘の尾張七宝はその素晴らしさに反して、正当な評価が得られているとはいえません。逆に海外では有銘・無銘にかかわらず、質の良い日本の七宝焼はすべて高く評価されているのです。
 本企画展では明治時代のものを中心に、超絶技巧で欧米を魅了した七宝焼の美をご紹介します。

「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館
「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館
「細密の世界で魅了した 七宝の美」横山美術館
《刻胎七宝鯉図花瓶》小笠原周造
《刻胎七宝鯉図花瓶》小笠原周造
《磁胎七宝花鳥図花瓶》川本桝吉
《磁胎七宝花鳥図花瓶》川本桝吉
《七宝窓絵花蝶図花瓶》並河靖之
《七宝窓絵花蝶図花瓶》並河靖之
《七宝花鳥図花瓶》大田吉三郎
《七宝花鳥図花瓶》大田吉三郎
《赤透七宝藤図花瓶》塚本彦吉
《赤透七宝藤図花瓶》塚本彦吉

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る