「END展 – 死から問うあなたの人生の物語 – 」二子玉川ライズ

「END展 - 死から問うあなたの人生の物語 - 」二子玉川ライズ

名称:「END展 – 死から問うあなたの人生の物語 – 」二子玉川ライズ
会期:2022年5月27日(金)~2022年6月8日(水)
開館時間:平日は11:00〜20:00、土曜日・日曜日・祝日は10:00〜20:00、最終日は17:00まで
入場料:無料(事前予約制/ご入場にはWEBサービス「Hiraql(ヒラクル)」への登録が必要です)
主催:東急株式会社、東急ラヴィエール株式会社、一般社団法人Whole Universe
協力:HITE-Media、Bunkamura、二子玉川ライズ、
  国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
キュレーター/ディレクター:塚田有那(Whole Universe)
クリエイティブディレクター:坂本麻人(Whole Universe)
アートディレクター:いすたえこ
アートワーク:五十嵐大介
展示設計:中原崇志、吉田あさぎ
照明デザイン:山下恵美(RYU Inc.)
サウンドデザイン:YOSI HORIKAWA
企画協力:庄司昌彦(国際大学GLOCOM/武蔵大学)、山内康裕(一般社団法人マンガナイト)、
うめ・小沢高広(マンガ家)、高橋ミレイ(CuePoint LLC)
広報:岩本室佳
制作:清水聡美、須藤菜々美
会場:二子玉川ライズ
住所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-14-1
URL:二子玉川ライズ

人生100年時代。世界に類を見ない超高齢社会を迎える日本において、わたしたちは「老い」や「死」についてどれだけ考えてきたでしょうか。誰にとっても、100%の確率で死はやってきます。その自然の摂理に対して、わたしたちは、やがて死をこわいもの、見たくないものとして遠ざけるようになりました。しかし、多様な生き方を選ぶ人が増えるいま、「老後の生活」のイメージは徐々に刷新され、洗練の兆しを見せています。さらに地域の共同体や暮らしの変化に伴い、墓や葬儀のありかたもより一層見直されてきています。
「END展 – 死から問うあなたの人生の物語 – 」は、こうした時代の変化に応じて、普段あまり考えることのない死について思いをめぐらせる機会を創出する展覧会です。会場では、死や人生に関するさまざまな問いを軸に、テーマと関連する「名作マンガの1シーン」をセットで展示します。一つひとつの問いと向き合うとき、それぞれの心のなかで、自分自身も気付いていなかった思いやアイデアが浮かんでくることでしょう。
そのとき、家族や友人など、大切な人と対話を始めたくなるかもしれません。展覧会をめぐりながら自分の「生」をどう紡ぐかに思いを馳せるプロセスは、祝福そのものです。この展覧会が、これからの人生をより前向きに歩むためのきっかけとなりますように。
アーティスト
五十嵐大介、dividual inc.(ドミニク・チェン + 遠藤拓己)、諸星大二郎、しりあがり寿、うめ(小沢高広・妹尾麻子) 他

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る