特別展「遠藤美香展-ここに根をはれ-」浜松市美術館

特別展「遠藤美香展-ここに根をはれ-」浜松市美術館

名称:特別展「遠藤美香 -ここに根をはれ-」浜松市美術館
会期:令和4年4月22日(金曜日)~6月19日(日曜日)
休館日:月曜日休館
開館時間:午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般:600円、高・大・専門学生:400円
  ※70歳以上の方は当日料金の半額、中学生以下は無料
  ※中・高・大・専門学生・70歳以上の方は身分証をご提示ください。
  ※20名以上の団体料金は当日料金の2割引き
  ※割引の併用はできません。
  ※障害者手帳等お持ちの方及びその介護者1名は無料
住所:〒430-0947静岡県浜松市中区松城町100-1
TEL:053-454-6801
URL:浜松市美術館

特別展「遠藤美香展-ここに根をはれ-」浜松市美術館
特別展「遠藤美香展-ここに根をはれ-」浜松市美術館

遠藤の作品は91×182cmのべニア版数枚を合わせた巨大な画面に、一見するとペン画と見間違うほどの細密な木版画です。本展では第76回版画協会展(東京都美術館)で山口源新人賞を受賞した作品《起床》、FACE展2016-損保ジャパン日本興亜美術賞展(SOMPO美術館)でグランプリ受賞をした《水仙》を始め、幅5mを超える新作《みちびかれて》など遠藤美香本人が選んだ珠玉の作品26点を一堂に展示いたします。さらに制作で使用した版木も合わせて紹介します。

同時開催 「版画の系譜展」
版画の系譜展 見どころ
 遠藤美香展の開催を記念して、浜松市美術館所蔵品による版画展を同時開催いたします。仏版画から浮世絵、創作版画、新版画、現代版画までを紹介し版画の歴史を辿りつつ、それぞれの様式や技法に注目し版画の魅力に迫ります。特に、浜松市出身の伊藤孝之、土屋光逸、大城貞夫、柳澤紀子をはじめ、中川雄太郎、栗山茂など静岡にゆかりのある作家を紹介し、静岡の地に脈々と流れる版画の系譜を概観します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る