「没後20年記念 レイモン・サヴィニャック展」Bunkamura ギャラリー

「Chocolat Tobler」 70x70cm 2002 オフセット

名称:「没後20年記念 レイモン・サヴィニャック展」Bunkamura ギャラリー
会期:2022年6月18日(土)~2022年6月29日(水)
開廊時間:10:00〜19:00
入場料:無料
会場:Bunkamura ギャラリー
住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111(代表)
URL:Bunkamura ギャラリー

「Chocolat Tobler」 70x70cm 2002 オフセット
「Chocolat Tobler」 70x70cm 2002 オフセット

パリの街角、ポスターに向かってニヤニヤする子どもたちを見かけたなら、そのポスターはきっと、ポスター作家レイモン・サヴィニャック(1907~2002)のデザインでしょう。
パリではそんな子どもから大人まで、誰もに大人気!ポスターの中のハッピーなキャラクターたちを見ると、自分まで自然と楽しい気分になってくる。人生って楽しいもんだよ、と語りかけてくるような、たくさんのときめきがそのポスターには詰まっている。
自伝の中で自らを「グラフィックの大道芸人」と名乗るように、見る人をくすっと和ませる、ユーモアあふれるデザインこそサヴィニャックポスターのチャーミングポイント。ですがもちろん、それだけではサヴィニャックの魅力は語りつくせません。シンプルな構図と色彩、限りなく少ない情報を用いて商品の特徴を簡潔にまとめあげます。
サヴィニャックにとってポスターはコミュニケーションの道具、いかにシンプルに、いかに効果的に人々に商品の魅力を伝えるかが肝でした。
2002年に94歳でこの世を去ったレイモン・サヴィニャックは、様々な広告デザインを手掛け数多くの作品を世に送り出しました。日本では2005年にサントリーミュージアム(天保山)、2006年に川崎市民ミュージアム、2017年には5つの美術館を巡回するなど大規模な回顧展が開かれ、没後ますます評価と注目を集めています。街を歩くあらゆる人々が思わず足を止めて見つめてしまうサヴィニャックのポスターは、時を駆け巡り、現在・過去問わず世界中の人々に愛され続けているのです。
没後20年を記念する今回のレイモン・サヴィニャック展では貴重な原画と合わせポスター作品を多数集めて、サヴィニャックのエッセンスを凝縮しました。

「Monsavon」
102x71cm 80’s
リトグラフ
「SNCF」 100x62cm 1964 リトグラフ
「SNCF」 100x62cm 1964 リトグラフ
「SNCF」 100x62cm 1964 リトグラフ
「SNCF」 100x62cm 1964 リトグラフ
「Gloria」 120x160cm 1967 リトグラフ
「Gloria」 120x160cm 1967 リトグラフ
「Bal des Affiches」 65x50cm 1986 リトグラフ
「Bal des Affiches」 65x50cm 1986 リトグラフ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る