園田昂史「EDELWEISS」広島市現代美術館

広島駅南口地下広場ショーウィンドウ

名称:園田昂史「EDELWEISS」広島市現代美術館
会期:2022年5月28日(土)~8月28日(日)
開館時間:7:00~22:00
住所:〒732-0815広島市南区松原町9-1 広島駅南口地下広場ショーウィンドウ
TEL:082-264-1121
URL:広島市現代美術館

広島駅南口地下広場ショーウィンドウでの「どこかで?ゲンビ」第4弾として、園田昂史を紹介します。園田は自分自身が植物や動物になり変わり、自然やまちの中に介入するという方法によって作品を制作しています。今回の展示では、エーデルワイスの花が長い時間をかけて氷河とともに移動してきた氷河依存種であるという事実に端を発したビデオパフォーマンスを2点発表します。
園田昂史(そのだ・たかし)
1989年、熊本県生まれ。2018年、広島市立大学院芸術学研究科博士後期課程満期退学。現在Alanus大学大学院彫刻専攻に在籍し、彫刻家ヨハン・ブレーメに師事。ドイツと日本を拠点にして、彫刻、ビデオパフォーマンス、インスタレーション等を制作。自己変容という手法を用い自然現象の裏側に潜む形態とその変容性について問いかけることを試みている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る