「浅野真一展-白昼の幻燈-」Nii Fine Arts Tokyo

「浅野真一展-白昼の幻燈-」Nii Fine Arts Tokyo

名称:「浅野真一展-白昼の幻燈-」Nii Fine Arts Tokyo
会期:2022年5月27日(金) - 6月12日(日)
開館時間:12:00-19:00 (最終日-17:00)
休館日:月~木曜日
入場料:無料
会場:Nii Fine Arts Tokyo
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda 207
URL:Nii Fine Arts Tokyo 

【Artist statement】
「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です」
という書き出しで始まるのは、宮沢賢治の童話「やまなし」である。賢治の時代の幻燈機というと、ランタンの灯りでガラススライドの絵や写真が揺らめきながら投影される原始的なもので、人々はそれを見ながら物語や遠い世界のことを想像していたのだ。
私の絵は、目の前にある事物を見たままに描き写したものだ。
単純な制作であるが、私にはこれが一等面白い。
窓から差す光は太陽の運行に沿って刻々と変化する。それに照らされるアトリエも壁の色が変わり、モチーフの影が濃く、長く伸びていく。
それを見つめているうち、私の意識はやがて宇宙の成り立ちや、存在の神秘へと飛んでいく。
それはさながら、白昼の幻燈のようである。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る