開館35周年記念展「美術館はおもちゃ箱・道具箱」目黒区美術館

開館35周年記念展「美術館はおもちゃ箱・道具箱」目黒区美術館

名称:開館35周年記念展「美術館はおもちゃ箱・道具箱」目黒区美術館
会期:2022年7月9日(土)~2022年8月28日(日)
休館日:月曜日 (ただし、7月18日(月祝)は開館、7月19日(火)は休館)
時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一 般 700(550)円
   大高生・65歳以上 550(400)円
   中学生以下 無料
   *障がいのある方とその付添者1名は無料、( )内は 20 名以上の団体料金
   *目黒区在住・在勤、在学の方は受付で証明書類をご提示頂くと団体料金になります(他の割引との併用はできません)
主催:公益財団法人 目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
協賛:公益財団法人 北野生涯教育振興会
協力:株式会社アトリエ ニキティキ
住所:〒153-0063東京都目黒区目黒2-4-36
TEL:03-3714-1201
URL:目黒区美術館

≪ひもとおし ラクダ、ライオン、ポニー、羊≫1970年頃発表 Neaf AG/スイス
≪ひもとおし ラクダ、ライオン、ポニー、羊≫1970年頃発表 Neaf AG/スイス

美術をより深く知るための資料や、様々な年代の方に楽しんでもらうための教材コレクションをご紹介する展覧会です。美術をより多角的な視点から知るための「画材と素材の引き出し博物館」などの資料を始め、様々な年代が目で楽しみ、手で遊ぶことができる「トイコレクション」など、35年の美術館の歩みの成果をご紹介します。

「画材の引き出し博物館―オイルパステル・クレヨン」
「画材の引き出し博物館―オイルパステル・クレヨン」
伊原宇三郎旧蔵の画材
伊原宇三郎旧蔵の画材
川村清雄旧蔵の画材
川村清雄旧蔵の画材
「画材の引き出し博物館」引き出しているところ
「画材の引き出し博物館」引き出しているところ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」本間美術館
  2. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  3. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る