「辻村 唯 陶展」名古屋栄三越

自然釉蓮葉皿  W29.5×D28.6×H8.1 ㎝

名称:「辻村 唯 陶展」名古屋栄三越
会期:2022年6月8日(水) ~ 2022年6月14日(火) ※最終日午後4時終了
場所:名古屋栄三越 7階 美術サロン
住所:〒460-8669 名古屋市中区栄3-5-1
TEL: 052-252-1111
URL: 名古屋栄三越

白志野茶盌   W15.0×H8.0 ㎝
白志野茶盌  W15.0×H8.0 ㎝
窯変粉吹徳利(右)  W10.3×H15.3㎝    22,000円  刷毛目ぐい呑   W8.0×H3.6㎝
窯変粉吹徳利(右) W10.3×H15.3㎝ 22,000円 刷毛目ぐい呑  W8.0×H3.6㎝
自然釉蓮葉皿  W29.5×D28.6×H8.1 ㎝
自然釉蓮葉皿  W29.5×D28.6×H8.1 ㎝

辻村 唯 Yui Tsujimura
陶芸家の辻村史朗氏の長男で奈良市の工房で作陶活動する辻村唯氏。
柔らかな風合いを持った作品は、穴窯で焼成され一つとして同じ表情のものがない。
自然釉が流れ溜まる陶肌は使うごとに楽しみが増していく。
本展では、食器類を中心に多数展覧販売いたします。
≪略歴≫
1975年 奈良県生まれ
    幼少期からやきものに触れ育つ 
1933年 父、辻村史朗に師事し、本格的に陶芸の世界に入る
2000年 奈良県水間にて築窯し独立
2003年 初個展
現在  年3回のペースで各地で個展を開催

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る