「リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと(栃木展)」足利市立美術館

「リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと(栃木展)」足利市立美術館

名称:「リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと(栃木展)」足利市立美術館
会期:2022年06月12日〜2022年07月21日
会場:足利市立美術館
観覧料金:当日一般710円
休館日:月曜日(7月18日は開館)、7月19日
住所:〒326-0814栃木県足利市通2-14-7
TEL:0284-43-3131
URL:足利市立美術館

写実表現は洋の東西、古今に限らず追及されてきた。本展は、松本喜三郎らの生人形、高橋由一の油彩画を導入部として、現代の絵画と彫刻における写実表現を検証するものである。
西洋の文脈のみではとらえきれない日本の「写実」が如何なるものなのか、またどのように生まれたのか、その手がかりを探る。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る