「N.E.blood21 vol.78 吉賀伸展」リアス・アーク美術館

「N.E.blood21 vol.78 吉賀伸展」リアス・アーク美術館

名称:「N.E.blood21 vol.78 吉賀伸展」リアス・アーク美術館
会期:2022年6月1日(水)~2022年7月18日(月)
開館時間:9:30 〜 17:00
休館日:月曜、火曜 祝日は開館し翌日休館(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合は開館)
入場料:無料
会場:リアス・アーク美術館
住所:〒988-0171宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5
TEL:0226-24-1611
URL:リアス・アーク美術館

「N.E.blood21 vol.78 吉賀伸展」リアス・アーク美術館
「N.E.blood21 vol.78 吉賀伸展」リアス・アーク美術館

1976年山口県に生まれた吉賀は2003年に東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。2009年より東北芸術工科大学にて教鞭を執っています。これまで多数の個展・グループ展等において陶彫刻作品を発表し、2002年第3回日本ユーモア陶彫展’02大賞をはじめ、2005年第67回新制作展新作家賞、2007年五島記念文化賞美術新人賞を受賞するなど、高い評価を得ています。
吉賀は山形への移住を機に東北の自然をモチーフの基に据えています。「陶」は自然由来の土と水を用いた造形と乾燥の後に、焼成を経て完成に至ります。吉賀は各工程で土と呼吸を合わせるかのように向き合い、美しくも厳しい自然を表現しています。作品は自然に対する畏敬の念を表すかのように威厳に満ち、圧倒的な存在感を放っています。

西野 康造  Kozo Nishino
 1951年兵庫県生まれ、京都府在住。1977年京都市立芸術大学彫刻専攻科修了。80年代よりチタンなどの金属を用い、複雑な構造を持ち合わせた軽やかで躍動感に満ちた彫刻を制作。野外空間・公共空間における作品設置も多く、2013年にはニューヨーク9.11メモリアルパークに面して建設された「4 World Trade Center(設計:槇文彦)」に《Sky Memory》が設置となった。
 石神の丘美術館〈花とアートの森〉には、2020年2点の作品《Harmony with the Breeze 2020》《Swing in the Air 2020》が収蔵された。2022年、第42回中原悌二郎賞受賞。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る