「つくる展ーTASKO(タスコ)ファクトリーのひらめきをかたちに…」高崎市美術館

「つくる展ーTASKO(タスコ)ファクトリーのひらめきをかたちに…」高崎市美術館

名称:「つくる展ーTASKO(タスコ)ファクトリーのひらめきをかたちに…」高崎市美術館
会期:令和4(2022)年7月9日(土曜)~9月4日(日曜)
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中の休館日:7月11日(月曜)・19日(火曜)・25日(月曜)
   8月1日(月曜)・8日(月曜)・12日(金曜)・15日(月曜)・22日(月曜)・29日(月曜)
観覧料:一般:600(500)円
    大学・高校生:300(250)円
    ※( )内は20名以上の団体割引料金
主催・会場:高崎市美術館
協力:大人の科学/株式会社学研プラス
企画制作:東映株式会社
企画協力:株式会社TASKO
住所:〒370-0849群馬県高崎市八島町110-27
TEL:027-324-6125
URL:高崎市美術館

うごくアートが大集合!
世界一、世界最強とも言われている日本のものづくりを、さらに元気にしているアートファクトリー「TASKO(タスコ)」。
彼らのユニークな発想力と優れた技術力は、これまで様々な企業やアーティスト、デザイナーとのアイデアをカタチにし、幅広い分野で多くの作品を手がけてきました。
本展覧会では、現代アートとして見応え充分でありながら、ものづくりにおける「つくる」にスポットをあて、TASKOがこれまで制作してきた作品を展示し、多様な視点で「つくる」の魅力を紹介します。
TASKOの作品を通して、使われている部品、しくみやしかけ、「ひらめきをかたちに」変えた背景、エピソードから感じるものづくりの不思議、おもしろさ、楽しさに興味関心を持つことで、想像力、発想力、創造力が刺激され、きっとワクワクしてくるはずです。
「つくる」ってどういうことなのかを理解し、「どうつくる?」を考え、「つくりたくなる!」きっかけを見つけられる展覧会です。
TASKO(タスコ)って??
TASKOは、2012年に結成された、ものづくりのプロ集団です。美術・舞台制作、プロデュース、設計制作、デザイン&ウェブ…それぞれの専門スタッフとスキルが集まり、さまざまな素材や手法…ユニークなアイデアとつくる力で、業界騒然の「ニューものづくり工場」として、新しいものづくりに挑戦し続け、国内外で活躍しています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る