「POPPETRY 壺と人副島 しのぶ / MOYAN / ​吉野 俊太郎」クマ財団ギャラリー

「POPPETRY 壺と人副島 しのぶ / MOYAN / ​吉野 俊太郎」クマ財団ギャラリー

名称:「POPPETRY 壺と人副島 しのぶ / MOYAN / ​吉野 俊太郎」クマ財団ギャラリー
会期:2022年7月8日(金)〜24日(日)
休館日:火・水
営業時間:12:00-19:00
入場料:無料
会場:クマ財団ギャラリー
住所:〒106-0032 東京都港区六本木7-21-24 THE MODULE roppongi206
URL:クマ財団ギャラリー

この度、クマ財団活動支援生三名による企画展覧会「POPPETRY 壺と人」を開催いたします。
 本展で取り扱われるモチーフは人形です。ニンギョウにせよヒトガタにせよ、古今東西で人間の営為の中に寄り添ってきた人形は、まさにクリエイターの恰好の相棒とも言って間違いはありません。そしてそれは、クマ財団奨学生/活動支援生である副島しのぶ、MOYAN、吉野俊太郎にとっても、殊更に重要なモチーフとして扱われています。
 あらゆる境界のあわいに目を向けようとする副島しのぶの作品には、自作の人形が多く登場します。ストップモーションによって生命を与えられた人物や動物たちは映像内で、時に互いの生に安堵し、あるいは死を悼み、感情すらもその行為の中に表しています。その姿は明らかな作り物でありながら、しかし観る者の日常にオーバーラップし続け、そしてそうした人間の日常では到底観察し得ない距離と速度で、死や影を直接的に開陳し、われわれに訴えかけるのです。
 MOYANの描き出すイメージについても、副島作品との共通点は多く見い出されることでしょう。近年セカンドハンドの人形を蒐集して絵画のモチーフとするMOYANの制作では、ボロボロになった人形たちのありのままの姿が架空のシナリオを伴いながら描写されています。ビビッドで一見明るい空間の中に配置されながらも中古特有の不気味な空気感を帯びた人形たちは、新品のそれらに見られるようなピュアな製品的な表情をすでに脱しており、その様子はまるで社会に生きる私たちの人間模様と精神状態を客演しているように感じられます。
 一方彫刻を専門領域とする吉野俊太郎は近年での活動の中に度々、自作のぬいぐるみを配置しています。ぬいぐるみの弱く柔らかい布と綿の表皮は伝統的に彫像で用いられた硬質な表面に比較するとずっと壊れやすく、寿命も短いですが、その分人体に近い距離での人間の姿を思い起こさせます。そこには彫像が従来伴うような永久不変のイデオロギーなどは存在しておらず、硬さと柔らかさの接点での関係性が冷静に描かれるだけとなります。
 常に人の形代として用いられながら、壺に喩えられる表面性と空洞性、あるいはそれゆえの度量の広さを併せ持つ存在。自身らの扱うモチーフをそう捉えた三者によって本展は、Puppetry(操り人形、見せかけ)とPottery(壺)とのかばん語「POPPETERY」と名付けられました。
 本展では、表現媒体を違えながらも共通したテーマを複数抱えるこの三名の作家の活動を、人形というモチーフから紹介いたします。ぜひご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る