コハラタケル 「撮縁(さつえん)」ライカギャラリー東京

コハラタケル 「撮縁(さつえん)」ライカギャラリー東京

名称:コハラタケル 「撮縁(さつえん)」ライカギャラリー東京
会期:2023年5月27日(土)~2023年8月27日(日)
開館時間:11:00 〜 19:00
休館日:月曜日
入場料:無料
会場:ライカギャラリー東京
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-1 2F
TEL:03-6215-7070
URL:ライカギャラリー東京

ライカカメラジャパン株式会社(本社: 東京都千代田区)はこのたび、コハラタケルの写真展をライカギャラリー東京およびライカギャラリー京都にて2023年5月27日より開催いたします。
「撮縁(さつえん)」と題して東京と京都にて同時開催される本展では、日常の世界観とリンクしたポートレート、そしてソーシャルメディアやウェブでの発信から著名作家の書籍カバーまで手掛ける写真家コハラタケルが、新製品「ライカQ3」で本展のために撮りおろしたスナップおよびポートレート作品を展示します。撮るひと・撮られるひとからはじまったコハラと妻・樹里との関係性、そしてスナップ作品にちりばめられたクリエイティビティ。

コハラタケル / Takeru Kohara プロフィール
1984年生まれ、長崎県出身。建築業を経てフリーランスのライターとして経験を積み、その後フォトグラファーに転身。なんでもないただの道が好き を発案するなど、日常の世界観とリンクしたエモーショナルでチャーミングなポートレートでも知られる。 SNSを含むweb媒体での広告写真を中心に活動する傍ら、山本文緒 『自転しながら公転する』や、島本理生 『あなたの愛人の名前は』(文庫版)など、書籍カバーにも写真が採用されている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る