「吉岡耕二 色彩の旅~フランスを中心に~」Bunkamura ギャラリー

ノートルダム

名称:「吉岡耕二 色彩の旅~フランスを中心に~」Bunkamura ギャラリー
会期:2022年7月16日(土)~7月31日(日)
開館時間:10:00~19:00
会場:Bunkamura Gallery
主催:Bunkamura Gallery
住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111(代表)
URL:Bunkamura ギャラリー

ラ・セーヌ
ラ・セーヌ

 キャンバスに広がる自由な色彩と大胆な構図。吉岡耕二は、1967年24歳でパリ国立美術学校に学び、世界の様々な土地を巡り絵筆を走らせてきました。都市の面影、海と空が交差する地平線、浮かび上がる建造物、そのどれもが吉岡の手により、新たな色彩と自由なフォルムでキャンバスに現れ、観る者の心に鮮烈なワンシーンを残します。
 1997年、Bunkamuraで初個展を開催し描いたのがエーゲ海。それ以降、ニューヨーク、イタリア、シチリア、イスタンブール、カリブ、スペイン、ポルトガル等、様々な土地を巡り描き続けてきました。降り注ぐ太陽の光は、吉岡の独自のフィルターを通ることで、存在感のある鮮やかな色彩へと変換されるのです。
 そして16度目となる本展では、情緒溢れるパリの街並みを中心にフランス各地の風景を描いた新作を中心に展覧販売します。吉岡の原点ともいえる地、鮮やかな色彩の奥から溢れる情熱の旅をご堪能下さい。

ノートルダム
ノートルダム
パリ
パリ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る