ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館

ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館

名称:ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館
   ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念
会期:2022年7月16日(土)〜10月10日(月) 
会場:国立科学博物館
観覧料金:一般2,000円(事前予約制)
休館日:9月5日、9月12日、9月20日、9月26日
住所:〒110-8718東京都台東区上野公園7-20
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:国立科学博物館

ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館
ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館

「化石ハンター」として名高い「ロイ・チャップマン・アンドリュース」が、世界的にも有名なゴビ砂漠への探検を開始して、ちょうど100年。
アンドリュースの探検による成果をはじめ、彼の偉業を追いかけた名だたる「化石ハンター」たちが発掘した貴重な恐竜・哺乳類化石をたどりながら、古生物学者たちの研究により明らかになった、生物進化における第三極圏の重要性を紹介する展覧会です。ぜひお楽しみに。

ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館
ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」国立科学博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る