特別展「鯨」千葉県立中央博物館

特別展「鯨」千葉県立中央博物館

名称:特別展「鯨」千葉県立中央博物館
会期:令和4年7月16日(土)~令和4年9月25日(日) 
会場:中央博物館第1企画展示室ほか
開館時間:9:00〜16:30(最終入館 16:00)
休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、次の平日が休館)(※8月8日、15日は開館します)
入館料:一般 800(640)円、高・大学生 400(320)円 ()内は団体料金
    ※次の方は無料:中学生以下・65歳以上の方(年齢を示すものをご提示ください)・障害者手帳等をお持ちの方(手帳もしくは手帳アプリをご提示ください)及び介護者1名
後援:NHK千葉放送局、千葉テレビ、千葉日報社、bayfm、朝日新聞社千葉総局、毎日新聞社千葉支局、読売新聞千葉支局(順不同)
協力:勇魚文庫、鴨川シーワールド、館山市立博物館、東京海洋大学、(一財)日本鯨類研究所、アリオ蘇我、そごう千葉店、京葉銀行、千葉銀行、千葉興業銀行(順不同)
特別協力:船の科学館「海の学びミュージアムサポート」
住所:〒260-8682 千葉市中央区青葉町955-2
TEL:043-265-3111
URL:千葉県立中央博物館

特別展「鯨」千葉県立中央博物館
特別展「鯨」千葉県立中央博物館

千葉県は日本でも有数のクジラ類の生息地で、その生息種数は35種と全国トップです。さらに、県内には今なお捕鯨基地があるなど、歴史的にもクジラとの関わりがとても深いです。この特別展では、陸上から海洋へと生息場所を変えていった進化の歴史や多様性・知られざる生態を紹介するとともに、人の生活とクジラのかかわりについても幅広く紹介する、かつてない規模の展示会です。世界最大の動物とも言われるクジラの魅力をご堪能下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  2. 企画展「異世界を旅する画家たち アートが誘う冒険の旅」笠間日動美術館
  3. 「第4回 FROM —それぞれの日本画—」郷さくら美術館
ページ上部へ戻る