令和4年度第4期所蔵品展「特集:清宮質文の世界」横須賀美術館

清宮質文《雨後の貯水池》 1966年、当館蔵

名称:令和4年度第4期所蔵品展「特集:清宮質文の世界」横須賀美術館
会期:2023年1月7日(土)~4月2日(日)
開館時間:10:00~18:00
休館日:1月10日(火)、2月6日(月)、3月6日(月)
観覧料(税込):
   一般380(300)円、高校生・大学生・65歳以上280(220)円
   *( )内は20名以上の団体料金
   *高校生(市内在住または在学に限る)は無料
   *身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と 付添1名様は無料
会場:地階 所蔵品展示室
主催:横須賀美術館
住所:〒239-0813神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL:046-845-1211
URL:横須賀美術館

清宮質文《雨後の貯水池》 1966年、当館蔵
清宮質文《雨後の貯水池》 1966年、当館蔵

横須賀美術館では、年4回の所蔵品展を開催し、所蔵する日本の近現代の美術作品や、横須賀ゆかりの作家の作品などをご紹介しています。  
今会期の特集では、さまざまな方からご寄贈いただいた作品に注目します。開館以来15年の間に、寄贈によって当館のコレクションに加わった作品は800点あまり。そのひとつひとつに、作品をつくった人、所蔵していた人、寄贈してくださった人の想いが込められています。特集では、その中から代表的な作品をご紹介いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特集展示「1739年フランス エリザベート王女結婚披露宴図説の花火と隅田川花火」すみだ郷土文化資料館
  2. 「新紙幣発行記念 北斎進化論」北斎館
  3. 「日本画の極みを求めてー未来を担う東海の作家たちー」平野美術館
ページ上部へ戻る