「生誕120年 没後60年 小津安二郎の審美眼-OZU ART-」茅ヶ崎市美術館

「生誕120年 没後60年 小津安二郎の審美眼-OZU ART-」茅ヶ崎市美術館

名称:「生誕120年 没後60年 小津安二郎の審美眼-OZU ART-」茅ヶ崎市美術館
会期:2023年9月3日(日)〜11月9日(木) 
会場:茅ヶ崎市美術館
観覧料金:当日一般800円
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日、10月10日
住所:〒253-0053神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
TEL:0467-88-1177
URL:茅ヶ崎市美術館

日本を代表する小津安二郎(1903~1963)は、茅ヶ崎との関わりが深い映画監督である。一部の映画では撮影ロケ地にもなった。代表作である『晩春』『麦秋』『東京物語』は全て小津が定宿とした「茅ヶ崎館」で、脚本家の野田高梧(1893~1968)と共同執筆したことでも知られている。
本展では、映画に関する資料や小道具、旧蔵品や直筆資料などから、映画や私生活から垣間見る小津の美意識に注目。セットの配置や構図、小道具の形状、カラー映画では色彩にもこだわり抜くほか、自ら筆をとり、遊び心あふれる絵画も残している。小津の高い美意識をうかがい知るとともに、それらに裏付けられた映画作品を通じて何を伝えようとしていたのかを探る。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る