「山水郷のデザイン2 – 3つのコンヴィヴィアリティ – 」GOOD DESIGN Marunouchi

入場無料 ディレクター:井上 岳一(株式会社 日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト) 藤崎 圭一郎(東京藝術大学教授・デザイン評論家) 展示協力:株式会社うなぎの寝床/真鶴出版/一般社団法人ドット道東 会場デザイン:MINGLE DESIGN OFFICE 施工:株式会社デエク 主催:公益財団法人日本デザイン振興会

名称:「山水郷のデザイン2 – 3つのコンヴィヴィアリティ – 」GOOD DESIGN Marunouchi
会期:2022年7月15日(金)~2022年8月14日(日)
時間:11:00 〜 20:00
入場無料
ディレクター:井上 岳一(株式会社 日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト)
藤崎 圭一郎(東京藝術大学教授・デザイン評論家)
展示協力:株式会社うなぎの寝床/真鶴出版/一般社団法人ドット道東
会場デザイン:MINGLE DESIGN OFFICE
施工:株式会社デエク
主催:公益財団法人日本デザイン振興会
会場:GOOD DESIGN Marunouchi
住所:〒1000005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
TEL:03-6273-4414
URL:GOOD DESIGN Marunouchi

GOOD DESIGN Marunouchiが2020年よりオンライン配信する、日本の自然豊かな地域に根ざした活動を行うクリエイターとのトーク番組「山水郷チャンネル」の展示企画として、昨年に続いて開催する展覧会。
今回は、うなぎの寝床(地域:九州ちくご)、真鶴出版(同:神奈川県真鶴町)、ドット道東(同:北海道道東地区)の三者と共に、コンヴィヴィアリティをテーマにそれぞれの地域と活動をご紹介します。
「山水郷」は、山水の恵み豊かな地域と、そして人と人がつながり生まれる郷(さと)を意味する造語です。日本各地の山水郷で、土地で共に生きる仲間と、そこでしかできない生業や生き方を愉しみながら生み出す、そんなコンヴィヴィアルなデザインの力が、日本を少しずつ変えはじめています。
本展では、その土地に暮らし活動する彼らデザイナーの目線、思考、そして言葉によって、活動の内容とともに、それぞれの土地で彼らが見出しているコンヴィヴィアリティそのものを伝えます。さまざまな方が本展を通じてコンヴィヴィアルというあり方に触れ、実践への糸口としていただければ幸いです。また、三者の生き生きとしたデザインにもご注目ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  2. 「アート&ミュージアム 色のいろいろ」高崎市美術館
  3. 総合展示「三國幽眠—勤王漢学者と京都」京都府京都文化博物館
ページ上部へ戻る