「源平三昧 ~中近世絵画に見る源氏と平氏の攻防」渡辺美術館

「源平三昧 ~中近世絵画に見る源氏と平氏の攻防」渡辺美術館

名称:「源平三昧 ~中近世絵画に見る源氏と平氏の攻防」渡辺美術館
会期:2022年09月03日~2022年10月10日
住所:〒680-0003鳥取県鳥取市覚寺55番地
TEL:0857-24-1152
URL:渡辺美術館

「源平三昧 ~中近世絵画に見る源氏と平氏の攻防」渡辺美術館
「源平三昧 ~中近世絵画に見る源氏と平氏の攻防」渡辺美術館

【「曽我物語図屏風」鳥取県指定保護文化財指定記念】
――祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす(『平家物語』冒頭句)――
 大河ドラマの影響で、改めてクローズアップされた源平争乱。覇権をめぐる骨肉の争いで、平氏は滅亡、源氏は再興を果たしました。その様子を戒(いまし)めとともに記したのが『平家物語』。琵琶法師による語りで庶民に浸透し、絵画や浄瑠璃などで具象化もされました。
 本企画展では、この平家物語の1シーンを描いた鳥取藩絵師・根本幽峨の傑作の1つ「平家物語 宇治川先陣・弓流図屏風」をはじめ、鳥取県指定保護文化財に新たに指定された国内最古級の「曽我物語図屏風」(土佐光吉)など、源平にまつわる絵画の数々を展示します。

根本幽峨「平家物語 宇治川先陣・弓流図屏風」(左隻)
根本幽峨「平家物語 宇治川先陣・弓流図屏風」(左隻)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る