笠井正博版画展「僕の周りの宇宙」Bunkamura ギャラリー

「l'univers autour de moi (g-Ⅲ)」 2022, 水性セリグラフ, 450×740mm

名称:笠井正博版画展「僕の周りの宇宙」Bunkamura ギャラリー
会期:2022年8月27日(土)~9月5日(月)
開館時間:10:00~19:00 ※最終日17:00まで
会場:Box Gallery
主催:Bunkamura Gallery
住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL:03-3477-9111(代表)
URL:Bunkamura ギャラリー

「l'univer autour de moi (g-Ⅰ)」 2022, 水性セリグラフ, 595×595mm,
「l’univer autour de moi (g-Ⅰ)」 2022, 水性セリグラフ, 595×595mm,
「l'univers autour de moi (I)」 2022, 水性セリグラフ, 400×400mm
「l’univers autour de moi (I)」 2022, 水性セリグラフ, 400×400mm
「le galaxie (I)」 2022, 水性セリグラフ, 520×780mm
「le galaxie (I)」 2022, 水性セリグラフ, 520×780mm

道端にある花々や蝶々に目を逸らすと、心のどこかから温かい気持ちが込み上げてきます。流れ星に運ばれてきた命の種は自然を育み、私たちの周りでいつも微笑みかけてきます。自然の温かな抱擁は、全てを包み込んでくれる宇宙を偲ばせます。
『僕を取り巻く宇宙は優しさに満ちています。身体の中のリズムと宇宙がグルーヴしているからでしょう。』
常に新しい水性セリグラフ(シルクスクリーン)の表現を提示し続ける、版画家・笠井正博。人間の気持ちを和らげる自然の美しさから、五感を通じて共鳴するリズムを絵画に刻み込んでいます。雨、雪、風、波、森、海、味、香、祈りなど、森羅万象に反応したクリアな色彩と線は、光の道筋を辿って、境目のない深遠なる心象風景を体感させます。笠井が奏でる色のリズムが心の琴線を響かせて、その奥深くに沈んでいた真善美と呼応しているようです。
本展では、目に映る様々なものに感じる「僕の周りの宇宙」を描いた新作版画を一堂に展示します。めまぐるしく移り変わる人間社会の外れに、自然の優しさに満ちた世界が広がっています。人間同士が引き起こす悲しみのスパイラルを、優しさのリズムが調和してくれるでしょう。

「l'univers autour de moi (g-Ⅲ)」 2022, 水性セリグラフ, 450×740mm
「l’univers autour de moi (g-Ⅲ)」 2022, 水性セリグラフ, 450×740mm

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「返還30年 岐阜の赤羽刀総覧ー美濃伝をたどるー」岐阜県博物館
  2. 「春岱-稀代の名工-」瀬戸市美術館
  3. 特別展「岩合光昭写真展 こねこ」秋田県立近代美術館
ページ上部へ戻る