「明石藩の世界Ⅹ 漁場の利用 水・耕地の利用」明石市立文化博物館

「明石藩の世界Ⅹ 漁場の利用 水・耕地の利用」明石市立文化博物館

名称:「明石藩の世界Ⅹ 漁場の利用 水・耕地の利用」明石市立文化博物館
会期:2022年9月10日~2022年10月16日
観覧料:大人 :200円 大学・高校生 : 150円 中学生以下 : 無料
   ※20名以上の団体は2割引
   ※65歳以上の方は半額。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の提示の方(スマートフォンアプリによる提示も含む、その介護者も)は半額。
   ※シニアいきいきパスポート提示で無料。
開催場所:明石市立文化博物館 1階特別展示室
休館日:月曜日休館 
開館時間:9時30分~18時30分(入館は18時まで)
主催:明石市、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター、明石市立文化博物館
後援:兵庫県、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、公益財団法人明石文化国際創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ
住所:〒673-0846兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
TEL:078-918-5400
URL:明石市立文化博物館

「明石藩の世界Ⅹ 漁場の利用 水・耕地の利用」明石市立文化博物館
「明石藩の世界Ⅹ 漁場の利用 水・耕地の利用」明石市立文化博物館

明石藩領や周辺地域の漁場争論、ため池の築造等、耕地や水の利用を巡る人々の営みを古文書や絵図等で紹介します。
江戸時代の古文書には、耕地や水、漁場の利用にまつわる記録が含まれています。時には他村との争いになることもあり、さまざまな記録が残されました。
本展では、明石藩領やその周辺地域の古文書の中から、明石沖の好漁場「鹿ノ瀬」をめぐる漁場争論、ため池の築造や水争いといった耕地や水の利用をめぐる人々のいとなみ、「耕作放棄地」に対する村々や領主の対応などをとりあげ、環境変化への対応や限りある資源の利用を模索する人々のすがたを紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る