稲垣青児・松村一樹「絵画と彫刻二人展」ギャラリー悠玄

稲垣青児・松村一樹「絵画と彫刻二人展」ギャラリー悠玄

名称:稲垣青児・松村一樹「絵画と彫刻二人展」ギャラリー悠玄
会期:2022年08月23日(火) 〜 2022年08月28日(日)
会場:ギャラリー悠玄
時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)
休館日:月曜日
料金:無料
住所:〒605-0825 京都市東山区下河原町489-2 2F
TEL:075-525-2410
URL:ギャラリー悠玄

油彩画家・稲垣青児と、彫刻家・松村一樹による二人展です。
それぞれの近作を展示する今回の展覧会では、稲垣が風景をテーマとした絵画作品を、松村が人体をモチーフとした木彫作品を出展します。ぜひご高覧ください。
出展作家
稲垣青児
1956年京都出身。日吉ヶ丘高校彫刻科、京都精華大学立体造形研究科卒業。1985年より油彩画家として活動。
父はフランス・ル・サロン名誉会員で叙情的な薔薇絵の名手として知られた稲垣久治。父譲りの繊細な画法を継承した作風が特徴。
松村一樹
1958年京都出身。京都教育大学大学院卒美術領域専攻修了。2022年まで中学校美術科教員を務める傍ら、展覧会に出展。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  3. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
ページ上部へ戻る