[罠兎 展<工芸>]新宿高島屋

タイトル:「玉手筐」 素材: 銀、銅、真鍮、ほか

名称:[罠兎 展<工芸>]新宿高島屋
会期:2022年8月31日(水)→9月26日(月)
会場:10階美術画廊前ショーケース ※最終日は午後4時閉場。
住所:〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
TEL: 03-5361-1111
URL: 新宿高島屋

罠兎氏は、1969年静岡出身の金工作家です。
女子美術短期大学卒業後、テキスタイルデザイナーを経て、ヒコ・みずのジュエリーカレッジにて彫金を学び、2011年よりアンティークジュエリーの修復の傍ら、金工の伝統技法を取り入れた根付、和小物を制作。 金属素材の特徴を活かした絡繰り仕掛けの根付が特徴です。
画像掲載作品は、浦島太郎に出てくる玉手筐がモチーフとなっており、中に入っているパーツを組むと壽の文字になります。
浦島太郎の元となった御伽草子の物語では、玉手筐を開けた太郎は鶴になって蓬莱山へと飛び立ち、乙姫も亀になって蓬莱山に向かうという結末になっていることからインスピレーションを受けた作品です。
技巧が凝らされた作品を是非お楽しみください。

タイトル:「玉手筐」 素材: 銀、銅、真鍮、ほか
タイトル:「玉手筐」 素材: 銀、銅、真鍮、ほか

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 特別展「法然と極楽浄土」東京国立博物館
  2. 井上安治生誕160年記念「情景の絵師がみつめたModern times ガス燈ともる東京風景」展 ガスミュージアム
  3. 「生誕120年記念 黒田辰秋」鍵善良房
ページ上部へ戻る