「秋の所蔵品展」ヤマザキマザック美術館

ラウル・デュフィ《グッドウッドの競馬場》1930-35年

名称:「秋の所蔵品展」ヤマザキマザック美術館
会期:2022年9月2日(金)〜2022年10月23日(日)
会場:ヤマザキマザック美術館
時間:10:00〜17:30 (最終入場時間 17:00)
   ※土日祝 10:00~17:00(最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 月曜日が祝日の場合は翌平日休館
観覧料:一般 1,000円(10名様以上800円)
   小・中・高生 500円
   小学生未満 無料
   ※各種障害者手帳を提示の方とその同伴者1名は800円
   ※音声ガイド無料サービス
住所:〒461-0004愛知県名古屋市東区葵1-19-30
TEL:052-937-3737
URL:ヤマザキマザック美術館

エミール・ガレ《海藻文花器》1900-04年
エミール・ガレ《海藻文花器》1900-04年

ヤマザキマザック美術館の絵画コレクションは、ロココ時代を代表するヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンらに始まり、アングル、ドラクロワ、モディリアーニ、ボナール、ピカソ等、各時代を象徴する作家たちの作品で構成されています。本展ではこれらの絵画作品を一堂に展示。フランス美術300年の流れを一望できる内容となっています。
また、工芸作品の展示室では、エミール・ガレやドーム兄弟が手掛けたガラス作品を紹介しています。 ポール・アレクサンドル・デュマが室内装飾一式をデザインしたダイニングルームなど、当時の雰囲気を楽しんでいただける空間で、19世紀末から20世紀初頭に花開いたアール・ヌーヴォーの世界をご堪能いただくことができます。
どうぞフランスの邸宅に迷いこんだような気持ちで、展覧会をお楽しみください。

ルイ・マジョレル《柱時計》1905年頃
ルイ・マジョレル《柱時計》1905年頃
5F展示室
5F展示室
ラウル・デュフィ《グッドウッドの競馬場》1930-35年
ラウル・デュフィ《グッドウッドの競馬場》1930-35年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「収蔵優品展 生誕160年近藤雪竹の周辺」成田山書道美術館
  2. MADE IN OCCUPIED JAPAN ③「かわいい小物の里帰り」城西国際大学水田美術館
  3. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
ページ上部へ戻る