「五味太郎作品展 [絵本の時間]3」天童市美術館

「五味太郎作品展 [絵本の時間]3」天童市美術館

名称:「五味太郎作品展 [絵本の時間]3」天童市美術館
会期:2022年09月29日(木) 〜 2022年11月23日(水)
開館時間:9:30~18:00 (最終入館は17:30まで)
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
入館料:一般520円(410円) 高大生310円(240円) 小中学生200円(160円)
   ( )内は20名以上の団体料金。
   身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳及び療育手帳を提示された方は表示料金の半額。
   (同伴の介護者は無料)
主催:天童市、公益財団法人天童市文化・スポーツ振興事業団
共催:天童市教育委員会
後援:こどもの本WAVE
企画協力:メディアリンクス・ジャパン
住所:〒994-0013山形県天童市老野森1-2-2
TEL:023-654-6300
URL:天童市美術館

五味太郎さんは1973年に絵本作家としてデビューして以来、子どもの目線に寄り添った作品を数多く出版しています。子どもには絵本の楽しさを、大人には忘れていた子ども心の再発見をもたらしてくれます。
本展は、絵本原画や国内外で出版された絵本を展示するコーナーなど、五味さんの世界を堪能できる内容です。五味太郎ワールドをお楽しみください。
【展示内容】
絵本原画
『くじらだ!』(1978年 岩崎書店)        『がいこつさん』(1982年 文化出版局)
『まどから おくりもの』(1983年 偕成社)    『ばったくん』(1984年 福音館書店)
『百人一首ワンダーランド』(2014年 東京書籍)  『ことばのいたずら』(2015年 絵本館)
『きをつけて1』(2015年 童心社)
書籍展示
国内版、約100冊
海外版、約80冊(約20の国・地域の言語による翻訳版)
※展示内容は、都合により変更する場合がございます。
【五味太郎 略歴】
1945年、東京都に生まれる。桑沢デザイン研究所ID科卒業。現在までにおよそ350冊以上の著作を出版し、読者層は赤ちゃんから大人までと幅広く、海外のファンも多い。サンケイ児童出版文化賞、ボローニャ国際絵本原画展など、国内外の絵本賞を数多く受賞している。絵本のほか、文具や服飾のデザイン、エッセイの出版など多方面で活躍。東京都在住。
公式ホームページ:http://www.gomitaro.com/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「空間を彩る屛風―広がる大画面(ワイドスクリーン)―」細見美術館
  2. 企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」紅ミュージアム
  3. [館蔵]「中国の陶芸展」五島美術館
ページ上部へ戻る