矢野 瑞季 展「ephemeral」ギャラリー恵風

矢野 瑞季 展「ephemeral」ギャラリー恵風

名称:矢野 瑞季 展「ephemeral」ギャラリー恵風
会期:2022年9月20日(火)~9月25日(日)
会場:ギャラリー恵風 1階展示室
時間:12:00~19:00(最終日は18:00まで)
料金:無料
住所:〒606-8392 京都市左京区聖護院山王町21-3(東大路丸太町東入ル南側)
TEL: 075-771-1011
URL:ギャラリー恵風

矢野瑞季さんによる日本画展です。矢野さんは今年大学院を卒業し、働きながら作家活動を開始しました。「ephemeral」と題してドキドキしながらの初個展、カラーハーモニーが魅力的です。皆様の暖かい応援をお願いします。
ephemeral は
“一時的な、一定期間で消える”
という意味だそうです。
ひとつの作品ができるまでに、消えてしまうイメージが沢山あります。
写生の時、下絵の時、本画の時、その都度沢山のイメージが生まれては、 制作が進むにつれ削ぎ落とされていきます。
今回は、そんな制作過程で消えてしまうものたちを出来るだけ拾い上げ、 画面に留めようと試みました。(矢野)
矢野瑞季
1996 大阪府生まれ
2022 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻日本画修了
主な活動
2018 京都花鳥館賞2017作品展(京都花鳥館)
2019 学生日本画展示(ホテルグランヴィア京都)
   6人展(アートギャラリー北野/京都)
2021 第28回臥龍桜日本画大賞展 入選
2022 京都市立芸術大学作品展 大学院市長賞
   第12回贈りもの展(ギャラリー恵風/京都)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「いつか夢見た桃源郷 川端龍子の戦後の作品から」大田区立龍子記念館
  2. 「奇跡のシールアート 大村雪乃の世界 Beautiful Lights」釧路市立美術館
  3. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
ページ上部へ戻る