「倉島重友展~風の刻によせて~」森の美術館

「倉島重友展~風の刻によせて~」森の美術館

名称:「倉島重友展~風の刻によせて~」森の美術館
会期:2022年10月1日(土)〜12月22日(木)
開館時間:10:00~16:00(最終入館 15:30)
料金:大人 600円/中高生 300円/小学生以下無料
休館日:月・火曜日(12月19日、20日は開館)
会場:森の美術館
住所:〒270-0122 千葉県流山市大字大畔(おおぐろ)315
TEL:04-7136-2207
URL:森の美術館

「倉島重友展~風の刻によせて~」森の美術館
「倉島重友展~風の刻によせて~」森の美術館

倉島重友先生は、郷里の長野県やお住まいの茨城県、取材で訪れたインドや中国奥地の自然とそこに暮らす人々を、淡い色彩と繊細な筆遣いによって情緒豊かに描いています。公益財団法人日本美術院同人として日本画界で活躍され、その清廉な作風の評価は高く、お人柄を思わせる優しい世界観を表現されています。また平山郁夫に師事し、国宝「高松塚古墳壁画」の模写に参加されるなど、歴史的文化財の記録保存にも実績を残されました。広島市立大学では後進育成にも尽力されています。
今回の展覧会では、茨城県近代美術館所蔵の《川風》《東風釣人》《紹興雨余》《合歓》の4点を含む、院展出品作品など26点を展示いたします。
淡く柔らかな風が吹くように感じる、穏やかな日本画の数々を、ぜひお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. テーマ展示「きせかえ遊び ~小さなきものと女子の裁縫教育~」紅ミュージアム
  2. 河津晃平 「あなたの灰の中の骨へ 骨の中の灰へ」茨城県つくば美術館
  3. 豊臣秀次公430回忌 特集展示「豊臣秀次と瑞泉寺」京都国立博物館
ページ上部へ戻る