開館50周年記念 企画展「すべてみせます! 収蔵庫の資料たち」鳥取県立博物館

開館50周年記念 企画展「すべてみせます! 収蔵庫の資料たち」鳥取県立博物館

名称:開館50周年記念 企画展「すべてみせます! 収蔵庫の資料たち」鳥取県立博物館
会期:2022年10月29日(土)〜12月11日(日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで) 
料金:一般/500円 (20名以上の団体・70歳以上の方/300円)
   ※大学生以下、学校教育活動での引率者、障がいのある方・難病患者の方・要介護者等およびその介護者は無料
   【前売り】一般のみ/300円〈10月28日(金)まで〉
休館日:毎週月曜日
会場:鳥取県立博物館
住所:〒680-0011鳥取県鳥取市東町2-124
TEL:0857-26-8042
URL:鳥取県立博物館

開館50周年記念 企画展「すべてみせます! 収蔵庫の資料たち」鳥取県立博物館
開館50周年記念 企画展「すべてみせます! 収蔵庫の資料たち」鳥取県立博物館

 鳥取県立博物館は、県内唯一の自然・人文・美術の総合博物館として昭和47(1972)年10月に開館しました。前身は昭和24年に鳥取城跡内の「仁風閣」を建物に発足した鳥取県立科学館であり、昭和29年には生物・地学・考古・民俗を扱う鳥取県立科学博物館となりました。
 そして昭和47年に、鳥取県立図書館が保管していた鳥取藩池田家資料を受け入れ、新たに美術部門を加えて、現在の場所に総合博物館として新設されました。開館当初ですでに約5万点の資料を収蔵していましたが、50年間の活動により、現在その数は約20万点にもなっています。
 今回の展覧会では、半世紀にわたり収集・保管されてきた県民一人一人の財産である資料を、可能な限りすべて展示し、博物館の根幹にある資料収集と調査研究の50年を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る