トピック展示「没後130年 月岡芳年展 【前期】芳年の描くヒロイン」神奈川県立歴史博物館

トピック展示「没後130年 月岡芳年展 【前期】芳年の描くヒロイン」神奈川県立歴史博物館

名称:トピック展示「没後130年 月岡芳年展 【前期】芳年の描くヒロイン」神奈川県立歴史博物館
会期:2022年8月25日(木)~10月2日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(9月19日は開館)、9月27日(火)
会場:常設展示室2階 テーマ3 近世
観覧料:常設展観覧券でご覧いただけます。
一般300円、20歳未満・学生200円、高校生・65歳以上100円
住所:〒231-0006神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL:045-201-0926
URL:神奈川県立歴史博物館

月岡芳年は、昨今「最後の浮世絵師」として親しまれる、明治時代を代表する浮世絵師です。芳年といえば、鮮血の描写が印象深い「血みどろ絵」が有名ですが、その画業の幅は広く、生涯さまざまなジャンルの浮世絵を手がけていました。
芳年没後130年の節目を受け、この秋は月岡芳年特集として、芳年が女性を題材として描いた浮世絵に注目し、2回に渡って展示を行います。
「芳年の描くヒロイン」と題して、歌舞伎、伝記、講談など、さまざまなお話に登場する女性たち(人ならざる者も含む)を取り上げます。登場する女性たちは皆、仕草や表情に意思を宿しており、明治という新しい時代を生きた芳年の境地がみせる魅力にあふれています。リアルを越えたフィクションの中で、時に逞しく、時に艶やかに描かれる女性たちの姿をご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る