生誕100年記念 富岡惣一郎「永遠(とわ)に」南魚沼市トミオカホワイト美術館

生誕100年記念 富岡惣一郎「永遠(とわ)に」南魚沼市トミオカホワイト美術館

名称:生誕100年記念 富岡惣一郎「永遠(とわ)に」南魚沼市トミオカホワイト美術館
会期:2022年7月23日(土)→ 11月23日(水・祝)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週水曜日(祝日の場合翌日)、11月15日
    但し、8/10,8/17,10月の水曜,11/2は開館します。
観覧料:一般500円(400円)、 小・中・高校生250円(200円)
    ※( )内は団体20名様以上
住所:〒949-7124新潟県南魚沼市上薬師堂142
TEL:025-775-3646
URL:南魚沼市トミオカホワイト美術館

富岡惣一郎は美術館建設への想いをこのように綴りました。原文のまま紹介します。
「長年、雪国で取材し制作してきたトミオカホワイトの全作品を1990年を期して、雪国に還すことを決意いたしました。雪国に生まれ育ち、雪の白の美に取りつかれ、世界に例のない独創的な方法によって、白の世界を追ってきた軌跡が雪国の人々に文化的刺激を与えることが出来れば本懐であります。(略)」
富岡がこの世を去り28年が経過しましたが、トミオカホワイトの世界は今もなお、品格のある美しい白を保ち、観る人を魅了し続けています。
本展では、生誕100年を迎えた富岡惣一郎の軌跡を作品で辿りながら、自身の言葉で語られた創作活動や雪国に対する想いを紹介いたします。
(公式HPより)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」福岡市博物館
  2. SHO(笑)TIME! 戯画展(後期)「歌川広景 江戸名所道外尽」川崎浮世絵ギャラリー
  3. 東山魁夷《門》
ページ上部へ戻る