「河野迪夫金属造形展」大丸京都店

「海鷂魚」 H32×60×60cm 銅 技法:鍛金、緑青仕上げ

名称:「河野迪夫金属造形展」大丸京都店
会期:2022年9月28日(水)→10月4日(火)
会場:6Fアートサロン ESPACE KYOTO ※ 最終日は午後5時閉場
住所:〒600-8511 京都市下京区四条通高倉西入立亮西町79番地
TEL:075-211-8111
URL:大丸京都店

銅や真鍮を素材とし、生物の姿や骨格、外殻などから着想した造形を鍛金で生み出しています。
敢えて一部を腐食させることにより金属に表情をつけ、さらに存在感を醸し出しているようです。
ギャラリーの空間を泳ぐように展示される美しい流線形のオブジェをご堪能ください。
河野 迪夫(Michio Kono)
1984 茨城県生まれ
2008 金沢美術工芸大学 美術工芸学部 工芸科 卒業
2010 金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 工芸専攻 修了
2013 金沢卯辰山工芸工房技術研修者 修了
2013~ 月浦工房(金沢)にて制作活動
2018~ 茨城県水戸市にて制作活動
[作品設置]
2018 The Ritz-Carlton,Tokyo 45F
2020 Four Sesons Hotel,Otemachi 39F PIGNETO/ピニェート
2021 箱根・強羅 佳ら久 グリルレストラン十邑

「海鷂魚」 H32×60×60cm 銅 技法:鍛金、緑青仕上げ
「海鷂魚」 H32×60×60cm 銅 技法:鍛金、緑青仕上げ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る