平常展「大名有馬家と久留米城下町」(後期)有馬記念館

平常展「大名有馬家と久留米城下町」(後期)有馬記念館

名称:平常展「大名有馬家と久留米城下町」(後期)有馬記念館
会期:令和4年9月3日(土)~令和5年1月4日(水)
   前期:令和4年4月23日(土)~8月28日(月)
   後期:9月3日(土)~令和5年1月4日(水)
休館日:毎週火曜日(祝祭日と重なる場合は翌平日)
   8月30日~9月2日
   12月28日~令和5年1月1日    
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料:一般 210円(150円)、高校生以下は無料です
   ※( )内は15名以上の団体料金です。ただし、無料で入館されるお客様は団体の人数には含まれませんので、ご注意ください。
   ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている方とその介護者1名は無料で入館できます(受付で手帳をご提示ください)。
住所:〒830-0021福岡県久留米市篠山町444
TEL:0942-39-8485
URL:有馬記念館

  2021年は、久留米藩初代藩主有馬豊氏(とようじ)が、久留米城に初めて入城して400年となる記念すべき年でした。
 そして401年目となる本年は、まず大名有馬家の足跡と歴代藩主、そして、久留米城下町の人々のくらしに焦点をあてた展示会を開催します。
 本展では、大名有馬家の格式や徳川将軍家との繋がり、江戸時代に歴代藩主が整備した久留米城下町での人々のくらしぶりなどを、書状や婚礼道具といった有馬家ゆかりの資料や、発掘調査で発見された出土品などを通じて紹介します。
 なお、平常展(後期)は、9月3日~11月7日、11月9日~令和5年1月4日の2期に分け、展示の一部を入れ替えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る