特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」佐賀県立九州陶磁文化館

特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」佐賀県立九州陶磁文化館

名称:特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」佐賀県立九州陶磁文化館
会期:令和4年9月23日(金曜日・祝日)~12月4日(日曜日)
休館日:月曜日(ただし10月10日は開館し、10月11日休館、11月21日は開館は開館)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
会場:九州陶磁文化館 第3~5展示室
観覧料:一般 600円(500円) 大学生 300円(200円) ※( )内は20名以上の団体料金
    高校生以下及び障害者手帳又は指定難病受給者証等をお持ちの方とその介助者(1名)は無料
主催:佐賀県立九州陶磁文化館、公益社団法人日本工芸会、NHKエンタープライズ九州
住所:〒844-8585佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
TEL:0955-43-3681
URL:佐賀県立九州陶磁文化館

特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」佐賀県立九州陶磁文化館
特別企画展 日本工芸会陶芸部会50周年記念 「未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ」佐賀県立九州陶磁文化館

日本の伝統陶芸を牽引してきた日本工芸会陶芸部会の活動が令和4年(2022年)に50周年を迎えます。日本工芸会陶芸部会設立50周年を記念し、伝統陶芸を支えてきた日本工芸会陶芸部会の活動を振り返りつつ、さらにはこれからの伝統陶芸の歩みを考える機会として、伝統工芸の粋を紹介する展覧会を開催いたします。
本展覧会では、歴代の人間国宝の名品から新進作家の最新作まで137名の作家による代表作品139点を3部構成で紹介します。我が国の人間国宝(陶芸、個人)の代表作品が一堂に会します。この機会にぜひ御観覧ください。
<展示構成>
I章:「伝統工芸(陶芸)の確立」
II章:「伝統工芸(陶芸)のわざと美」
III章:「未来へつなぐ伝統工芸(陶芸)」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る