「馬と一緒—画家とともに、谷山(ふるさと)の暮らしとともに—」三宅美術館

「馬と一緒—画家とともに、谷山(ふるさと)の暮らしとともに—」三宅美術館

名称:「馬と一緒—画家とともに、谷山(ふるさと)の暮らしとともに—」三宅美術館
会期:2022年10月08日(土)〜2022年12月23日(金)
   当分の間は土日祝日のみ開館(新型コロナウイルス感染拡大防止のため)
時間:午前10時~午後4時半
会場:三宅美術館2階絵画展示室
料金:一般500円、高校生300円、小・中学生200円、70歳以上・障害者手帳保持者100円
主催者:一般財団法人三宅美術館
住所:〒891-0141鹿児島県鹿児島市谷山中央1-4319-4
TEL:099-266-0066
URL:三宅美術館

「馬と一緒—画家とともに、谷山(ふるさと)の暮らしとともに—」三宅美術館
「馬と一緒—画家とともに、谷山(ふるさと)の暮らしとともに—」三宅美術館

海老原喜之助・山口薫・芝田米三・上橋薫・坂田燦ら、馬に特別な思い入れを持つ画家たちによる馬の絵を約20点展示し、画家と馬との関わりを紹介。なかでも半世紀にわたり横たわる姿の馬を描き続けている洋画家・坂田燦氏の油彩作品は、県内では初めての展示となる。
また、明治前期には国内でも数か所しか置かれなかった陸軍軍馬の育成所(軍馬補充部福元支部)が慈眼寺に置かれ、農業や林業、運送で馬が活躍、伊佐智佐神社の浜下りや初午祭(馬踊り)といった祭事にも登場するなど、馬に支えられてきた谷山の歴史・民俗を解説する。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る