「丹波 清水剛 陶展」日本橋三越本店

作品名:刻紋銀彩大鉢 サイズ:44.0×高さ11.5㎝

名称:「丹波 清水剛 陶展」日本橋三越本店
会期:2022年11月9日(水) ~ 2022年11月15日(火)
会場:本館6階 美術工芸サロン 最終日午後5時終了
住所:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL: 03-3241-3311
URL: 日本橋三越本店

作品名:刻紋銀彩大鉢  サイズ:44.0×高さ11.5㎝
作品名:刻紋銀彩大鉢 サイズ:44.0×高さ11.5㎝

兵庫県丹波。この伝統的な丹波焼の窯業地にて、作陶をしている清水剛氏。
薪窯によって生み出される土味と釉薬の味わいを生かした作品と、どこか繊細な印象の、「猫掻紋」にアレンジを加えた「刻紋」シリーズの大きく2つの世界に分かれる作品を制作しています。
日本橋三越本店初個展となる本展では、清水氏の2つの作品世界の魅力の詰まった作品を一堂に展覧いたします。ぜひ、お楽しみいただきますよう、ご案内申しあげます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 「多彩な表現が生まれた時代 100年前の日本画」足立美術館
  2. 幸野楳嶺《楳嶺百鳥画譜 続編》 明治17年(1884) 海の見える杜美術館蔵
  3. 少女椿(シートのみ)」 31.0×22.7cm / silkscreen on paper Ed.120
ページ上部へ戻る